アイミ親子(交通事故鑑定人)が超実話ミステリーに登場!相見忍氏と相見薫氏のプロフィールは?

1/6(金)は超実話ミステリーが放送されます。

「事実は小説よりも奇なり」とあるように、「交通事故鑑定人」や「火災鑑定人」といったプロフェッショナルが実際に担当した事件・事故には、フィクション以上にミステリアスな展開と驚きの結末が待っていた実話が存在します。

この番組はそんな「超実話」を完全再現でお送りするミステリー特番です。

本記事では「交通事故鑑定人」として番組に登場する、アイミ親子に興味が惹かれましたので特集してみました。

彼らが手掛けた「超実話」とはどのような事故なのか?そして「交通事故鑑定人」という肩書を持った二人はどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク
336×280

「超実話」交通事故

とある明け方に、一台の車が車道の真ん中を歩いている男性をはねました。

残念ながら男性は亡くなりましたが、事故直前に車道の真ん中を歩く男性を見たという目撃通報があり、被害者に非があるとされました。

しかし、納得がいかない被害者の父親は交通事故鑑定人である相見忍、相見薫親子に調査を依頼します。

すると、車両についた2つの傷が離れていることから、車は被害者の後ろからではなく、実は横からはねたことが分かりました。

しかし「車道の真ん中を歩いていた」という目撃証言の謎は残るまま…

果たして、その事実を覆すことは出来るのでしょうか…?

この事故を担当したのが交通事故鑑定人の相見忍氏と相見薫氏です。

二人は親子で、父・忍さんはアナログ捜査を得意とし、息子・薫さんは最新技術を駆使することを得意としています。

それでは簡単に二人のプロフィールを見てみましょう。

父・相見忍氏のプロフィール

出典:http://r.goope.jp/jikokaiseki

名前:相見 忍(あいみ しのぶ)

生年月日:1948年10月17日

学歴:新潟北都工業短期大学自動車工業科卒業、放送大学教養学部卒業、米国ノースフロリダ大学IPTM修了

所属:事故解析技術研究所

息子・相見薫氏のプロフィール

出典:http://r.goope.jp/jikokaiseki

名前:相見 薫(あいみ かおる)

生年月日:1977年7月31日

学歴:立正大学経済学部経済学科卒業、放送大学教養学部在学

所属:事故解析技術研究所

まとめ

共に事故解析技術研究所に所属する二人。

おそらく息子の薫氏は父の背中に憧れて同じ道を目指したのではないでしょうか。

現場を徹底的に洗うアナログ派の父と、デジタル面から事故の解析を得意とする息子がその力を合わせることで些細な事故の痕跡から衝撃の事実が明らかになります。

この事故がどのような結末を見せるのか、是非その「超実話」を放送でご確認ください。

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする