一杯5000円!?世界一高い超高級コーヒー「アラミドコーヒー」とは?

NKJ56_coffeecok_TP_V

コーヒー一杯の値段と言えば、自動販売機の缶コーヒーやコンビニのカウンターコーヒーで気軽に飲める今、一杯100円~というイメージが強いのではないでしょうか?

私は缶コーヒーが割と好きなので、コンビニに立ち寄った際に手に取ったり、仕事の休憩中などに自販機で購入してよく飲用しています。

誰もが普段から口にしているコーヒーですが、世界には信じられないくらい高額なコーヒーが存在します。

本日22日22:00~放送のSMAP×SMAPの番組内で、そんな庶民のイメージからかけ離れた一杯5000円の超高級コーヒーが特集されていましたので、一体どのようなコーヒーなのか詳しく調べてみました。

スポンサーリンク
336×280

世界一高いコーヒー、その名も「アラミドコーヒー」!

アラミドコーヒーとは、ジャコウネココーヒーで有名な「カペ・アラミド」のことを指します。

そもそもジャコウネココーヒーって何?と思うかもしれませんね。

ジャコウネココーヒーとは、東南アジアにあるネコの糞を焙煎して飲むコーヒーのことです。

「カペ・アラミド」は、野生のジャコウネコが山に自然に生えているコーヒーの木の実を食べた糞からできているのです。

ジャコウネココーヒーは主に東南アジアで生産されていますが、様々な地域で呼び方が異なります。

上に述べた「カペ・アラミド」はフィリピンでの呼び方で、インドネシアでは「コピ・ルアク」と呼ばれています。

SMAP×SMAPの番組内では「コピ・ルアク」として紹介されていましたね。

世界一希少かつ世界一の香り!

「カペ・アラミド」は自然のコーヒーチェリーを食べた野生のジャコウネコの糞からできています。

自然のコーヒーの木が育つよう山を守るため、採取するものは1日以内と厳選し、それ以上経過しているものは自然に返しています。

それも手作業のため1日に1人1キロしか採れず、年間では約500kgしか生産されません。

世界一希少と言われるのも納得です。

野生のジャコウネコは雑食ですが、美味しくて甘いコーヒーチェリーを探して食べる習性を
持っています。

ジャコウネコによって選ばれた良質なコーヒーチェリーは、ふわっと広がる甘いヘーゼルナッツの香り、コクのあるビターなダークチョコレートの味、フルーティなすっきりとした酸味といった特徴があります。

まさに一生に一度は飲んでみたい、幻のコーヒーです。

FotorCreated

出典:http://alamidcoffee-japan.com/lp/

アラミドコーヒーのお値段は50グラム12,800円~!

84956879

出典:http://alamidcoffee-japan.com/lp/

さて、アラミドコーヒーの気になるお値段ですが、50グラム12,800円、100グラム14,800円、1キロ148,000円のいずれかの量から購入できるみたいです。

なので100グラム14,800円が一番お得ですね。(1キロ148,000も単価は変わりませんが、中々手が出せない値段です…)

1杯5000円のコーヒーを選ぶのか、1杯100円のコーヒー50杯を選ぶのかは人それぞれですが、いずれにしても死ぬまでに一度は飲んでみたいものです。

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする