荒木かおり(彩色復元師)がNHKプロフェッショナルに登場!清水寺や二条城を復元した女性絵師とは?

1/23(月)放送のプロフェッショナル仕事の流儀(NHK総合)は、彩色復元師の荒木かおりさんに密着します。

「彩色復元師」とは、さん然と輝く江戸時代のふすま絵や華やかな文様に彩られた寺社といった日本全国の文化財を、当初の美しい色に戻す絵師達のことを言います。

荒木かおりさんはその第一人者として活躍している方なのです。

ただ適当な色を当て嵌めるのではなく、当時の生活に至るまで文献を細かく調べ、さらに科学調査で見えない色すらも追跡するその姿はまさに「色のミステリーハンター」です。

本記事ではこれまでに彼女がどのような仕事を手掛けてきたのか、詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280

彩色復元師・荒木かおりとは?

出典:https://uralife.wordpress.com/

荒木かおりさんは川面美術研究所3代目の女性所長です。

川面美術研究所は昭和15年の法隆寺金堂壁画模写事業に参加して以降、半世紀以上に渡って日本の美術史上に残る様々な文化財保存事業に携わってきました。

荒木さんは小さい頃から父親の文化財の保存作業を見ることが多く、自身も絵を描くことが好きだったため大学では美術を専攻。

大学での教授との出会いを通し、父親の仕事にも関心を持つようになった彼女は、学業の傍ら父の仕事である模写や修復・復元にも携わるようになり、今では30年以上の経験を積み重ねてきました。

彩色は宗教的な役割を果たすだけでなく、建造物の劣化も防いでくれます。

彩色は千年近く残る場合もありますが、特に外部に施された彩色は劣化も早く、何度も修復する必要があります。

そこで荒木さんを始めとする絵師達が、傷んだ装飾文様や絵画を色鮮やかに蘇らせる役割を担っているのです。

それでは荒木さんら川面美術研究所がこれまでに手掛けた仕事を見てみましょう。

清水寺西門

こちらは清水寺西門です。息を飲む美しい色使いですよね。

出典:https://uralife.wordpress.com/

出典:https://uralife.wordpress.com/

出典:https://uralife.wordpress.com/

二条城

こちらは二条城の二の丸御殿前にある唐門です。この門は重要文化財に指定されています。

出典:https://uralife.wordpress.com/

最後に

今回は彩色復元師・荒木かおりさんを特集しました。

日本の美術史上に残る様々な文化財が今後も残り続けるのは彼女たちのお陰です。

私たちが歴史を知り重要な文化を後世に伝えていくという役目に欠かせない大事な存在です。

これからも素晴らしい技術を駆使して頑張って頂きたいと思います。

こちらの「プロフェッショナル」関連記事もどうぞ!

大島芳彦(建築家)がNHKプロフェッショナルに登場!リノベーションの魔術師とは?
1/16(月)放送のプロフェッショナル仕事の流儀(NHK総合)は、建築家・大島芳彦氏に密着します。 実は大島氏はリノベーション業界で注...
東海林弘靖(照明デザイナー)がNHKプロフェッショナルに登場!作品や経歴、学歴は?
12/5(月)放送のプロフェッショナル仕事の流儀(NHK総合)は、照明デザイナーの東海林弘靖さんに密着します。 世界的照明デザイナーで...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする