金曜ロードショー「がっぱ先生」で二階堂ふみがドラマ初主演!共演の坂口健太郎と火曜サプライズで調布ぶらりグルメ旅!

9/20(火)放送の火曜サプライズは、女優の二階堂ふみさんと俳優の坂口健太郎さんをゲストに迎えて、調布グルメ旅に出かけます。

東京五輪に向けて再開発が進められている調布は、駅から3分で歩いて行ける周辺に激うま絶品グルメが沢山あるとのことで、どんなおいしいものが番組で取り上げられるのか楽しみですね。

二階堂ふみさんと坂口健太郎さんがゲストということは、9/23(金)放送の金曜ロードショー特別ドラマ企画「がっぱ先生」の宣伝もかねての出演だと思われます。

「がっぱ先生」は二階堂ふみさんがドラマ初主演を務めることで注目を浴びていますよね。

同じく坂口健太郎さんも共演されるとのことで、今注目の若手二人の演技が非常に楽しみでもあります。

そこで今回は放送を直前に控えた「がっぱ先生」のあらすじや注目ポイントについて、紹介していきたいと思います。

気になる方は要チェックです!

スポンサーリンク
336×280

あらすじ

gappa_story_01

出典:http://www.ntv.co.jp/gappa0923/

二階堂ふみ演じる村本愛子は24歳の小学校新米教師。

最初の挨拶で緊張のあまり「一生懸命頑張ります」の「一生懸命」を出身である石川県の方言「がっぱ」と言い間違えてしまって以来、周りから「がっぱ先生」と呼ばれています。

始めて担任を務めるクラスで、運動会のクラス対抗大縄跳びに向けての練習を進めるのですが、運動が苦手なある生徒が繰り返し失敗してしまい、保護者など周りの声もあって、彼を「応援係」に設定することに。

運動会本番を目前に控える中、「本当は全員で飛ぶべきではないのか?」という葛藤に悩まされる愛子。

愛子、そしてクラスの子どもたちはどのような結論を出すのか…?

見どころ

このドラマは「みんなで跳んだ」という原作小説を原案に、アレンジを加えたドラマ作品になります。

田舎育ちの新米女性教師・愛子が保護者や同僚、子どもたちと真剣に向き合いながら、持ち前の明るさで奮闘していく成長ストーリーになっています。

見どころはやはり、愛子の究極の選択でしょう。

運動神経が苦手な生徒を排除してまで勝ちにいくのか…?クラス一丸となって全員で大縄跳びに挑戦するのか…?

愛子、そして生徒たちがどのような結論を出すのか気になります。

人と人との繋がりや努力、友情が描かれる作品だと思いますので、きっと感動させてくれることでしょう。

あなたならどうする?

この究極の選択、あなたが担任の先生ならどちらを選択しますか?

私は、自分が同じく小学生の頃にクラス一丸となって挑んだ「30人31脚」のことを思い出しました。

私のクラスは全員で37人くらいだったでしょうか。

大会のルールは「30人以上であれば可」でしたので、中には足の速い30人を選抜して大会に挑む学校やクラスもあった中、私のクラスは一人もかけることなく全員で走ることになりました。

結果は自己ベストを大幅に更新するタイムを本番で出すという最高の結果に終わりましたが、たとえ途中で転んでいたとしても、全員で練習して挑んだ結果なので後悔は無かったと思います。

一人一人の個性を排除してまで貪欲に勝ちに行くよりも、クラスが一つになることで大切なことを学んだと今では思っています。

大人になって振り返った時に、皆が笑えるような結果になるのが一番なのではないでしょうか。

そういう意味でも、9/23(金)の放送を楽しみにしたいと思います。

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする