歴史学者で東大教授の本郷和人は実はAKBファンで推しメンは高城亜樹!?世界一受けたい授業に出演!大河ドラマ「平清盛」時代考証や本・書評も多数!

4/2放送の世界一受けたい授業は3時間スペシャル。

スペシャルにふさわしい豪華ゲストが多数出演しますが、4時間目を担当する講師として、東大教授で歴史学者の本郷和人先生が登場します。

テレビや講演会などでご存知の方も多いかもしれませんが、調べてみると非常にユニークで面白い方でしたのでここで紹介したいと思います。

先生のことを良く知れば授業ももっと楽しくなりますよ!

スポンサーリンク
336×280

本郷和人先生の経歴

mini1397954460

出典:http://164s.net/2906.html

名前:本郷 和人(ほんごう かずと)

生年月:1960年10月

出身:東京都

学位:博士(文学)

専門:日本中世史

1983年 東京大学文学部卒業

1988年 東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学

1988年 東京大学史料編纂所助手

1996年 「中世朝廷訴訟の研究」で博士(文学)(東京大学)

東京大学史料編纂所助教授、准教授などを経て、2012年から東京大学史料編纂所教授、現在に至る。

こうして見るとすごい経歴ですね。

先生は専攻を中世政治史、古文書学などとしていて、多数の著作を発表、また書評なども多く行っています。

私たちの身近なところでは、中世・近世を扱った様々なドラマやアニメ、漫画の時代考証にも携わっていて、NHK大河ドラマ「平清盛」の時代考証などで知られています。

歴史は楽しい!?

私は根っからの理系人間で、学生時代から歴史は大の苦手です。

正直一番嫌いな科目でしたね。

暗記するだけで全然面白くないし、キーワードを覚えてみたものの時代の流れなどさっぱり理解していないので、テストでは適当に知っているキーワードを記入して散々な結果でした。

同じように考えている人や実際にそうだった人って結構多いのではないでしょうか?

こういった件について、本郷先生は面白いことを言っています。

例えばさ、鎌倉幕府はいつできましたかって問題に1192年って答える?今はテレビで1185年って言われてるのね。でも僕は1180年って思っていて、単純な問題でも答えの幅はあるんだから「鎌倉幕府はいつできましたか」なんて問題は出せないってこと。それより、「鎌倉幕府って何だろう」とか「武士って何だろう」って考えた方がいいんだよな。その点東大の問題は悪くないと思うよ。暗記じゃなくて考える力を試す問題がでるからね。知らなきゃ答えられない問題は作りません。楽しんで勉強してくださいね。

出典:http://newspaperisoo.jimdo.com/

なるほど。

歴史の授業も「○○年に○○が○○をした」という風に暗記を中心にしていてはダメだということですね。それでは過程や目的が抜けているので、結局暗記するだけになってしまって面白くもなんともありません。

一方、歴史は考える学問なんだということを普及していけば、自然と「○○ってこういうものなんだな、だから○○ということになって○〇年に○○が起こったんだ」という風に楽しく考えながら歴史を理解できるようになるかもしれませんね。

歴史は点じゃなく線なんですよね。

歴史が時の流れである以上、点としてポイントだけを押さえても、線として捉えないと到底理解できるものではないとつくづく感じます。

これを機に歴史をまた勉強してみたいなと思いました。

実はAKBファン!?

本郷先生、実はAKB48の熱心なファンで、推しメンは高城亜樹さんなのだそうです。

G20140619008398380_view

出典:http://www.sponichi.co.jp/

2013年に開催された32ndシングル選抜総選挙関連のテレビ番組や2014年に開催された37thシングル選抜総選挙関連のテレビ番組にも出演したことがあり、その熱心ぶりから別名「あきちゃ教授」と呼ばれる程(笑)

こういう先生、個人的に大好きですね。

いつかAKB48の歴史について研究し、著書を出してくれることを期待しています。

本郷先生のことが少しでも気になった方は是非番組をご覧ください。

最後に

こちらの「世界一受けたい授業」関連記事もどうぞ!

僕だけがいない街で話題の子役・中川翼が世界一受けたい授業に出演!特技はピアノ!?鈴木梨央と仲良しで二人ともかわいい!
4/2放送の世界一受けたい授業は、男性VS女性3時間スペシャル。 スペシャルにふさわしく様々な講師やゲストが登場しますが、注目なのが子...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする