【今でしょ講座】病気対策になる体に良い夏野菜ベスト5のまとめ!

5/16(火)放送の林修の今でしょ!講座は、講師に伊藤明子さんが登場します。

今回は夏野菜が病気対策に良いということで、本当に体に良い夏野菜ベスト5が発表されました。

番組では現役の医師100人に緊急調査を実施。

健康のプロである医師達がどんな夏野菜を意識的に摂っているのか、アンケート結果に基づいてランキングを決定しました。

果たして、どの夏野菜がどんな病気対策に良いのでしょうか?

本記事では、理由となる栄養分の秘密も含めて、気になるランキングの結果を詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
336×280

病気対策になる体に良い夏野菜ベスト5

【第5位】赤パプリカ(ビタミンC)

パプリカの色には10種類ありますが、最も栄養素が豊富なのが赤パプリカです。

特にビタミンCの含有量は赤パプリカ1個につき、トマト約15個分、みかん約7個分にも相当します。

ビタミンCは夏の日焼けによる肌荒れを撃退してくれるだけでなく、最新の研究では遺伝子のコピーミスを防ぐことが明らかになりました。

私たちの体は遺伝子のコピーによって新陳代謝が行われていますが、コピーミスは加齢や病気に繋がります。

ビタミンCによって遺伝子のコピーミスを防ぐということは、細胞の加齢を防ぐアンチエイジングに繋がるのです。

【第4位】ミニトマト(リコピン、食物繊維)

実はトマトよりもミニトマトの方が栄養価が高く、リコピンを始め多くの栄養素が豊富に含まれています。

リコピンは抗酸化作用で知られていますが、最新の研究ではがんを抑える効果があることも明らかになっています。

またミニトマトに豊富な食物繊維は便秘に良いだけでなく、食物繊維そのものが免疫力を上げる働きもあります。

腸内環境を整えるという大きな力もありますので、是非とも摂取したい夏野菜です。

【第3位】青じそ(香り成分)

青じそは昔から漢方として使われる程、栄養価が高い野菜です。

青じその香り成分・ペリルアルデヒドは抗菌作用があり、食中毒予防にもなります。

カロテンはにんじんよりも多く含まれ、目に良いビタミンAやビタミンKなども豊富です。

まさに栄養素の宝庫と言える野菜なのです。

【第2位】えだまめ(タンパク質、ビタミンB1)

えだまめにはタンパク質が多く含まれ、筋肉増強や夏バテ予防の効果があります。

また疲労回復に良いビタミンB1も豊富で、その含有量はえだまめ100gに対し、にんにく約2.5個分に相当します。

【第1位】モロヘイヤ(カルシウム)

モロヘイヤにはカルシウムが豊富で、夏のだるさやイライラを解消する効果があります。

その含有量はモロヘイヤ100gに対し、生めざし4尾、しらす干し約120gに相当します。

カロリーはモロヘイヤの方が低いので、ヘルシーで健康的に食べられる野菜の王様です。

最後に

今回は病気対策になる本当に体に良い夏野菜ベスト5を特集しました。

私もあまり野菜を食べない方なのですが、これを機にしっかり食べようと思いました。

皆さんも是非、献立の参考にしてみて下さい。

こちらの「林修の今でしょ講座」関連記事もどうぞ!

肥満になりにくい都道府県ランキングの結果と理由は?【今でしょ講座】
6/27(火)放送の林修の今でしょ講座は、3時間スペシャルです。 「あの都道府県の住民が病気に罹らないのには理由があっ...
健康寿命が長い都道府県ランキングの結果と理由は?【今でしょ講座】
6/27(火)放送の林修の今でしょ講座は、3時間スペシャルです。 「あの都道府県の住民が病気に罹らないのには理由があっ...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする