森重文氏(フィールズ賞数学者)が小学生の算数答案用紙問題に終止符を打つ!?【林先生が驚く初耳学】

出典:http://ameblo.jp/boumu/

今年11月、小学3年生になる姪の算数テストの採点結果に疑問を抱いた投稿者が答案用紙をツイッター上に投稿したところ、ネット上で大論争を巻き起こしました。

それは「3.9+5.1=9.0」は正解?不正解?というもの。

問題の答案用紙では答えである「9.0」の「0」が消されていないため減点とされていることに対し、「減点するのはおかしい」といった声が殺到しました。

「9も9.0も同じなのになぜ不正解なのか」と、「有効数字をどう捉えるべきか」といった大論争にまで発展したのです。

しかし結局のところ疑問は解消されないまま有耶無耶になってしまい、結局何が正しいのか分からないままといった状況でした。

12/25(日)放送の林先生が驚く初耳学では、この算数論争についに終止符を打ちます。

決着を着けるべく林先生が向かったのは、天才数学者・森重文氏のもと。

森先生は数学のノーベル賞と言われる「フィールズ賞」を受賞したもの凄い方なのです。

本記事ではこの論争がどのような決着を見せたのか、詳しくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280

天才数学者・森重文とは?

出典:http://juku.netj.or.jp/summer2012/index.html

なぜノーベル賞には数学賞が無いのか?

諸説ありますが、それは数学界にはノーベル賞に匹敵する「フィールズ賞」という権威ある賞が存在するからです。

森重文氏は1990年、その業績を称えられて同賞を受賞しています。

研究内容を説明するにはあまりにも難しすぎるので、森先生がどれ程凄いのか、エピソードを交えながら紹介したいと思います。

愛知県名古屋市出身の先生は京都大学理学部に進学しました。

学生時代は指導教授からある数学書を薦められると1~2ヶ月ほどで「読みました」と戻って来てしまい、次の数学書を薦めてはまた同じことを繰り返してと、「数学書を読むのが異常に速い学生」として強烈な印象を与えていたそうです。

また全問正解しても80点しかくれない教授の試験で常に120点を取り続けたという逸話もあります。

その天才的才能は、他の学生に数学の道を諦めさせるほど突出したものでした。

こうして見ると「天才」という称号を与えるに足る、数少ない人物の一人だということがお分かり頂けると思います。

小数点の算数論争の決着は?

番組の中で森先生は仰いました。

なるべく簡潔に答えよといった条件も無いのに、僕の感覚では減点はしない。何がいかんのだ?」と。

森先生が減点しない旨を断言しましたので、これでこの論争は決着を迎えたと言っていいのではないでしょうか。

もしかしたら明日から学校の授業が変わるかもしれませんね。

最後に

今回はネット上で物議を醸した小学生の算数論争について特集しました。

こちらの「林先生が驚く初耳学」関連記事もどうぞ!

磯田道史(歴史学者)が林先生が驚く初耳学に登場!江戸時代の手相・人相の占い本「南北相法」とは?
12/4(日)放送の林先生が驚く初耳学は、ゲスト出題者に歴史学者の磯田道史さんが登場します。 これまでにもあらゆる歴史のスペシャリスト...
堀口茉純(歴史作家)が林先生が驚く初耳学に登場!30本の虫歯を持った徳川家将軍は誰?
11/27(日)放送の林先生が驚く初耳学は、阿部寛さんや松本来夢さんなど注目のゲストが多数登場します。 特に松本来夢さんは度々出演して...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たろぅ より:

    ホランちゃんの「先生がそう教えたんじゃ?」という発言に、「なんで先生が言った通りにしなきゃなんないんですか」的なことを返す林先生。
    でも番組的には、「フィールズ賞をとった森先生がそう言ったから」で決着をつけようとしているようにしか見えなくて、結局は権威主義なのかよ、と。笑。

    • 管理人 より:

      林先生はどうしても物申したかった。
      テレビという絶大な影響力を持つメディアで教育界にメスを入れたかった。
      そこで数学界の権威である森先生の力を借りた、ということはあるでしょうね。

    • d より:

      別に権威主義とかそういうことではないと思います。

      番組でも言っていましたが、大事なのは物事の本質をしっかりと捉えているかどうか。
      別に森先生が偉いから正しいのではなく、森先生の言っていることが論理的であり
      しっかりとした根拠のある発言だから肯定されるべきであろうということだと思います。

  2. ゾウ より:

    なぜ、ここで採点した教員の話や現場のことを分かる人に聞かずに数学者に聞くのか。教育現場では、子ども達を導くためにたくさんの手立てを日々考えている。根拠もなく減点しているわけではないし、教育者として子どものために何が最善かを常に考えている。先生方は何も考えずにただ形式を教えてるなんて、どうして言われなきゃならないのか。教員への不信感を煽るような言い方にしか聞こえない。もちろん反省する点も多々あるが、もう少しこちらの意見を聞いてもいいのではないか。

    • より:

      現場の教育者が子供に減点してる根拠を示してないのが問題の一つです。
      林先生は根拠のないルールを強制するのではなく、数学的にどの様にするのが正しいのか自分の考えだけでなく理論的に考えられる人に話を聞きに行って
      「できるだけ簡潔にする条件がなければ9.0でも正解にするべき」と結論をだした。
      貴方の言う現場の教育者はどのような根拠を提示しておりますか?

  3. まつ より:

    これは公教育における教師の知的水準の低下が根源的な問題
    番組に教師や文科省の役人を呼んでもレベルの低い議論になることが目に見えてる

    この教師は明らかに数学的な根拠なく減点しているわけだ

  4. ガロア より:

    論理的に間違っていないことを減点するという行為自体が数学教育の本質から逸脱してる。現場の工夫とかいう以前の問題。
    これで教師の採点支持してる奴は頭が沸いてる。

  5. 通りすがり より:

    以前この問題が話題になった時に、あまりにも「有効数字を考えたら9.0が正解」と言う方が多くて驚きました。
    更に今回、森先生の仰ることは厳密に等しいからどっちでもよいということなのに、「やっぱり有効数字考えたら9.0でいいじゃないか」と短絡的な思考をされる方も多いようです。
    そのような方々は、残念なことに、なぜ有効数字という概念が存在するか、それを使うのはどういった場合かというのをきちんと学んでこなかったのでしょう。
    教育という場ですから、ここはあえて厳密値であることをはっきりさせるよう教育し、概数を導入した時の区別や理解をしっかりさせるため、解答では9を好ましいとすべきかと思います。

  6. おじさんより より:

    3.1+5.9=(31/10)+(59/10)=(31+59)/10=(90/10)=9
    です。これは小学5年生でできる計算です。
    「9.0だー」と固執する必要がありますか?
    小数点以下の省略していい0を消すと教わったので、消すのが当たり前。
    先生が減点しないなら、親が減点することをお勧めします。

    林先生のいる予備校に通わなくて済むように小さい頃からコツコツと
    当たり前のことをしっかり学ぶようにしましょう!
    「虐待だ」なんて騒いでいる先生なんて論外です・・・