村松亮太郎がSWITCHインタビュー(NHK)に登場!プロジェクションマッピングの達人はイケメン?

11/30(水)24:00からは、SWITCHインタビュー達人達が再放送されます。

建物や空間に映像を投影するアート「プロジェクションマッピング」の達人・村松亮太郎さんと、禅僧で庭園デザイナーの枡野俊明さんが語り合う回なのですが、前回見逃してしまったので再放送を待っていました。

さて、皆さんは村松亮太郎さんをご存知でしょうか?

大河ドラマ「軍師勘兵衛」のタイトルバックや東京駅壁面の映像投影などを手がけ、ストーリー性を重視したこれまでに無いタイプのプロジェクションマッピングで人々を魅了するアーティストなのですが、めちゃくちゃイケメンでカッコいいのです!

そこで本記事では村松亮太郎さんにスポットを当てて紹介したいと思います。

一体どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

スポンサーリンク
336×280

村松亮太郎とは?

c2h3bh

出典:http://www.cinra.net/

名前:村松 亮太郎(むらまつ りょうたろう)

生年月日:1971年5月5日

血液型:A型

出身:大阪府

職業:アートディレクター、映像クリエイター、株式会社ネイキッド代表

ご覧の通りのイケメンなのですが、それもそのはずで、実は村松さんは役者として活動していたこともあります。

高校3年生の時にアメリカに1年間留学し、帰国後、役者になるため大学を1年で中退して上京したそうです。

しかし映画の役者を希望していた本人と事務所の意向でぶつかり合い、ハリウッドスターのショーンペンが同じように役者でありながら自分で映画を作ってしまったことに衝撃を受け、彼の世界観が一変します。

映像に関する機材やソフトを買い漁って独学で勉強し、当時一緒に仕事をしていた映像ディレクターやグラフィックデザイナーらと「株式会社ネイキッド」を設立したのです。

2002年頃からは自主映画製作も始め、2006年から2010年の間に映画を4本劇場公開し、世界の映画祭にも多数参加しています。

プロジェクションマッピングとの出会い

村松さんがプロジェクションマッピングと出会ったのは2010年頃でした。

そこから数々の素晴らしい作品を残していますが、村松さんは「プロジェクションマッピングは表現手段のひとつでしかない」と話します。

村松さんに言わせれば、彼の作品は常に未完成で、自分で自分の作品を完璧とか満足と思えたことは一度もないそうです。

だからこそこれからも創作を追及し続ける彼の姿は、まさにアーティストだなと思いました。

そんな村松さんの人を感動させる空間についての熱い思いが聞けますので、気になる方は是非番組をチェックしてみてください。

最後に

その他の「スイッチインタビュー」関連記事もどうぞ!

西川美和(映画監督)がSWITCHインタビュー(NHK)に登場!いきものがかり水野良樹と対談!
12/3(土)放送のSWITCHインタビュー達人達(NHKEテレ)は、映画監督の西川美和さんが出演します。 対談相手は人気グループ「い...
井上芳雄(ミュージカル俳優)がNHKスイッチインタビューで高橋大輔と「王子キャラ」対談!大河ドラマ出演も!
12/10(土)放送のSWITCHインタビュー達人達(NHKEテレ)は、ミュージカル俳優の井上芳雄さんが登場します。 最近ではミュージ...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする