「ながら本」大賞2017発表!有吉ジャポンで日本一敷居の低い文学賞を決定!

3/17(金)深夜放送の有吉ジャポンは、日本一敷居の低い文学賞「ながら本」大賞2017が発表されます。

この企画はじっくり読書をする時間の無い人に最適な、僅かな合間で楽しめる「ながら本」のトップを決めようという企画です。

いざ難しくて濃い内容の本を読もうとなると、かなりの集中力が必要で、とても片手間とはいきませんよね。

番組では僅かな時間の合間に何かしながらでも楽しめる、ハードルの低い最高の1冊を芸能界屈指の読書家たちが厳選してくれました。

本記事では番組で紹介された本や、「ながら本」大賞2017の結果についてまとめたいと思います。

今すぐネットショッピングでポチっとしたくなる様な本が続々紹介されましたので、読書好きならずとも必見です。

スポンサーリンク
336×280

「ながら本」大賞2017のノミネート作品

それぞれの選考委員が厳選したノミネート作品は以下の通りです。

・ライムスター宇多丸

タイトル:「〆切本」

出版社:左右社

備考:文豪たちのダメダメな言い訳ぶりが面白い

・エスムラルダ

タイトル:「ブスの本懐」

著者:カレー沢薫

出版社:太田出版

備考:ブスあるあるだけの一冊

・岩井勇気(ハライチ)

タイトル:「腐女子のつづ井さん」

著者:つづ井

出版社:KADOKAWA

備考:腐女子の生態を描いて累計20万部突破

・西川史子

タイトル:「渡部流 いい店の見つけ方教えます。」

著者:渡部建

出版社:文藝春秋

備考:西川史子が入院中に読んだ「ながら本」

・太田光代

タイトル:「悪女について」

著者:有吉佐和子

出版社:新潮社

備考:太田光にも読ませた太田光代のバイブル

・鈴木正文

タイトル:「ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める」

著者:西垣通

出版社:中央公論新社

備考:難しい本しか読まない鈴木正文推薦の「ながら?本」

「ながら本」大賞2017の結果

最終的に有吉選考委員長が選んだ「ながら本」大賞2017は、鈴木正文さん推薦の「ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める」に決まりました。

選考理由は「読んでいるとボーっとしてきて丁度いいから」とのことでした(笑)

ちなみに私が選ぶならエスムラルダさん推薦の「ブスの本懐」が面白そうだなと思いました。

番組では本書の目次からブスあるあるが何個か紹介されていましたので、ここでいくつか抜粋して紹介したいと思います。

これを見ると興味が湧いてきませんか?

・「美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れる」はブスが考えた言葉

・ブスはブスであること以外、何も続かない

・「最近の男ってマジ草食系~」と言ってる女は、ほぼブス

・「ブスだけどモテる」と言われている女は5億%ブスではない

まとめ

今回は有吉ジャポンの「ながら本」大賞2017について特集しました。

記念すべき第1回の大賞は「ビッグデータと人工知能 可能性と罠を見極める」に決まりましたが、気になる本があれば是非手に取ってみて下さい。

こちらの「有吉ジャポン」関連記事もどうぞ!

「意識低い系」庶民派グルメを有吉ジャポンで紹介!リーマンパスタやカクレカレーなどランキングの結果は?
出典: 3/3(金)深夜放送の有吉ジャポンは意識低い系グルメが特集されます。 意識低い系グルメとは安くて美味くて...
京急もつ煮ラインとは?有吉ジャポンで京急線沿いのもつ煮の名店を紹介!
2/3(金)24時20分から放送の有吉ジャポンは、寒い時期に食べたい安くて美味しいもつ煮の名店を紹介します。 キーワー...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする