大島芳彦(建築家)がNHKプロフェッショナルに登場!リノベーションの魔術師とは?

1/16(月)放送のプロフェッショナル仕事の流儀(NHK総合)は、建築家・大島芳彦氏に密着します。

実は大島氏はリノベーション業界で注目を集め、「リノベーションの魔術師」との異名を持つ凄腕の建築家なのです。

彼が得意とするのは中古物件のリノベーション。

番組では空き家や空きマンションが急増する中、昨今社会問題にまで発展している空き家問題に取り組む彼の仕事現場に密着します。

スポンサーリンク
336×280

建築家・大島芳彦とは?

出典:http://www.audi.jp/innovator/award/

名前:大島 芳彦(おおしま よしひこ)

生年月日:1970年

出身:東京都

職業:建築家

大島氏は1970年生まれの東京都出身。

大手組織設計事務所勤務を経て、2000年からブルースタジオにて遊休不動産の再生流通活性化をテーマとした「リノベーション」事業を開始しました。

団地再生など都市スケールの再生プロジェクトを手掛ける一方、個別の物件探しから始める中古住宅のワンストップリノベーションサービスも展開。

近年では公益施設、商業施設の再生も手掛けています。

リノベーションの魔術師と呼ばれて

「リノベーション」とは借り手が付かないような中古物件に、新しい価値や魅力を加えることで再生させることを言います。

例えばこちらの画像。これは大島氏がリノベーションを手掛けた中古物件です。

出典:http://www.audi.jp/innovator/award/

実はこの物件は築60年の木造アパートなのですが、あえて古さを活かした魅力的な物件へと変貌させています。

驚くべきことに家賃5万円だったのが、改修後は家賃が1.5倍になっても「待ち」が出ている状態なのだそうです。

まさに捨て置かれてきた数々の物件に再生の命を吹き込む「プロの仕事」ですよね。

最後に

大島氏は「オシャレにするだけでは、早晩、古い物件に逆戻りしてしまう」と語ります。

そして「新築物件が全く作れない時代が来る」と断言もしています。

次々と新築物件が建てられていく昨今ですが、少子高齢化が進み、空き家問題は今や社会問題にまで発展しています。

だからこそ彼が手掛けるようなリノベーション物件が今後主流になっていくのは間違いないでしょう。

その他の「プロフェッショナル」関連記事もどうぞ!

東海林弘靖(照明デザイナー)がNHKプロフェッショナルに登場!作品や経歴、学歴は?
12/5(月)放送のプロフェッショナル仕事の流儀(NHK総合)は、照明デザイナーの東海林弘靖さんに密着します。 世界的照明デザイナーで...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする