明石家さんまのコンプレッくすっ杯に出演のイラン人タレント、サヘル・ローズの貧乏エピソードが凄すぎる!

本日18日19:00からは、明石家さんまのコンプレッくすっ杯 春の無差別級トーナメントスペシャルが放送されます。

テーマの一つが貧乏コンプレックス

芸能界から貧乏代表として何人かのゲストを迎え、貧乏コンプレックスをくすっと笑いに変えるエピソードが披露されます。

中でも注目なのが、イラン人タレントのサヘル・ローズさん。

本人は笑いのネタにしていますが、調べてみたところ、正直笑えない程の数々の貧乏エピソードをお持ちのようです。

今回はそんなサヘル・ローズさんについて、衝撃の貧乏エピソードを交えて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
336×280

サヘル・ローズさんのプロフィール

profile_mainphoto_sahel_01

出典:http://excelling.co.jp/

名前:サヘル・ローズ

生年月日:1985年10月21日

血液型:O型

出身:イラン

身長:170cm

所属:エクセリング

サヘル・ローズさんはイラン出身の在日イラン人で、現在日本でタレントや女優、モデルとして活動しています。

東海大学を卒業しており、語学に堪能で日本語、ペルシャ語、ダリー語、タジキ語が話せます。

今でこそ明るく笑顔を振りまいているサヘル・ローズさんですが、その背景には壮絶な過去が隠されていました。

生い立ち

1985年に11人兄弟の末っ子として生まれたサヘル・ローズさんですが、4歳の時、イラン・イラク戦争の空爆により全ての家族を失いました。

孤児となった彼女を救ったのは、ボランティア女子大生のフローラ・ジャスミンさんでした。

彼女を引き取り母として育てることを決意しますが、家族に猛反対され、サヘルさんが8歳の時に勘当同然で共に日本へ渡ります。

日本での壮絶な生活

元々はフローラさんのファイアンセを当てに来日した2人でしたが、生活が上手くいかなくなり彼と別れてしまいます。

行く当てが無くなった2人は公園の土管の中で寝るなど、ホームレス同然の生活を送っていたそうです。

そんな窮地を救ってくれたのは小学校の給食のおばちゃんで、アパートや仕事の世話をしてくれました。

こういう心の温かい人がいてくれて本当にうれしいですね。

サヘルさんは学校ではいじめにも遭い、自殺も考えていたそうですが、母フローラさんへ恩返しをするため、女優への道を目指したのでした。

私が思うこと

サヘルさんは本当に重く大変な人生を歩んできたのですね。

だからこそ、こういう人には何とか幸せになって貰いたいと心から思います。

私もこのエピソードを今回初めて知りましたが、これからサヘルさんを応援していきたいと思いました。

サヘルさんに日本語を教えてくれたのは通っていた小学校の校長先生だったそうです。

困っていた2人を世話してくれた給食のおばちゃんといい、日本もまだまだ捨てたもんじゃありませんね。

本当に困っている人には手さ差し伸べる思いやりの大事さがしみじみと伝わりました。

改めてこれからのサヘルさんの活躍を応援しましょう。

最後に

こちらの「コンプレッくすっ杯」関連記事もどうぞ!

明石家さんまのコンプレッくすっ杯田舎代表・梨衣名のプロフィール!田舎育ちいいじゃない!
本日18日19:00からは、明石家さんまのコンプレッくすっ杯 春の無差別級トーナメントスペシャルが放送されます。 今回は貧乏やデカ女な...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする