SONGSにRADWIMPSが初登場!新作アルバム「人間開花」からテレビ初披露曲も?ナレーションは上白石萌音!

11/24(木)放送のSONGSRADWIMPSがついに初登場します。

映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」が大きな注目を集め、一躍今年最も注目されるロックバンドとなりました。

タイムリーなことに本日11月24日には、大晦日に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」への初出場も発表されました。

大きな注目を集める紅白歌合戦初出場組の中でも、特にメディアで大きく取り上げられていましたね。

番組ではそんなRADWIMPSの「今」に迫ります。

新しいバンドの今を象徴する言葉と音が詰まった曲を次々にテレビ初披露するとのことですので、絶対に見逃せませんね。

そこで本記事では改めてRADWIMPSと番組の見どころについて注目したいと思います。

スポンサーリンク
336×280

RADWIMPSとは?

zbgsdc2

出典:http://phoenix-wind.com/

RADWIMPSは日本のロックバンドです。

メンバーは野田洋次郎、桑原彰、武田祐介、山口智史の4人から成り、2001年に結成されました。

バンド名の意味は「すごい」「強い」「いかした」といった意味の「RAD」と、「弱虫」「意気地なし」といった意味の「WIMP」を組み合わせた造語で、合わせて「かっこいい弱虫」といった意味になります。

まずこのセンスからしてカッコいいですよね。

新作アルバム「人間開花」

11月23日には新作アルバム「人間開花」がリリースされました。

同作は8枚目のオリジナルアルバムでありながら、2枚目のデビューアルバムでもあると彼らは言います。

「今」のRADWIMPSが詰まった本作は、新たな再出発という意味なのでしょうか。

開花という言葉がそれを象徴しているような気がしますね。

収録曲は「Lights go out」「光」「AADAAKOODAA」「トアルハルノヒ」「前前前世(original ver.)」「’I’ Novel」「アメノヒニキク」「週刊少年ジャンプ」「棒人間」「記号として」「ヒトボシ」「スパークル(original ver.)」「Bring me the morning」「O&O」「告白」の15曲。

番組では今を象徴する言葉と音が詰まった曲を次々にテレビ初披露するとのことですので、これら「人間開花」収録曲の中から演奏される曲があるのか楽しみですね。

ナレーションは上白石萌音!

番組でのナレーションは、映画「君の名は。」でヒロイン・三葉の声を務めた上白石萌音さんが務めます。

彼女も本作で大きな注目を浴びた今年の顔の一人ですから、夢のコラボ実現に期待が高鳴ります。

是非彼女のナレーションにもご注目ください。

私も放送を楽しみにしたいと思います。

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする