小暮真久氏(テーブルフォートゥー代表)がカンブリア宮殿に登場!健康ランチが世界の飢餓を救う!

2/2(木)放送のカンブリア宮殿はNPO法人「TABLE FOR TWO International」代表の小暮真久氏が出演します。

世界の人口約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。

そんな世界規模の深刻な食の不均衡を解消するために誕生したのが、この「TABLE FOR TWO(TFT)」なのです。

では、彼らはどのような仕組みで開発途上国の飢餓を救っているのでしょうか?

スポンサーリンク
336×280

TABLE FOR TWOプログラム

出典:http://www.japanfs.org/ja/

現在、TABLE FOR TWOは「TABLE FOR TWOプログラム」という活動を核に事業を展開しています。

「TABLE FOR TWOプログラム」とは、対象となる定食や食品を購入することで、1食につき20円の寄付金がTABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもたちの学校給食になるという仕組みです。

20円というのは開発途上国の給食1食分の金額。

つまり、先進国で1食取るごとに開発途上国に1食が贈られるのです。

2007年に始まったTFTの仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体にも上ります。

その寄付金を基にして、この9年間で海外の開発途上国7ヵ国に4300万食もの給食が提供されてきました。

「TABLE FOR TWO」は直訳すると「二人の食卓」。

彼らの活動によって文字通り、先進国の私達と開発途上国の子ども達が時空を超えて食事を分かち合っているのです。

導入するメリットは大きい

「TABLE FOR TWOプログラム」を企業が導入するメリットは非常に大きいと感じます。

例えば社員食堂でTFTを通した低カロリーでヘルシーな料理を提供することで、社員の健康維持に繋がります。

社員の疾病リスクを減らすことは、会社にとって大事な人材を守ることに直結します。

我々1人1人が社会貢献として何か活動しようと思っても、個人で何が出来るのか分からないものです。

ですがこうして企業などの団体で取り組めば、個の力も合わさって大きな成果が挙げられます。

1食を健康的に食べることで、世界の飢餓に苦しむ誰かを救える。

社会貢献活動としてこれ程優れた仕組みは他に無いのではないでしょうか。

最後に

私の会社にも社員食堂が存在しますが、会社はコストを抑えることしか考えていないような気がします。

「こんな活動もあるよ」と提案してみたいと思いました。皆さんもいかがでしょうか。

こちらの「カンブリア宮殿」関連記事もどうぞ!

安井佑氏(やまと診療所院長)がカンブリア宮殿に登場!在宅医療革命のスーパードクターとは?
1/26(木)放送のカンブリア宮殿は「やまと診療所」の院長・安井佑氏を特集します。 安井氏は「在宅医療PA」という独自のシステムを構築...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする