高野孝子(女性冒険家)が笑ってコラえてに登場!北極海を犬ゾリで世界初の横断!探検と教育とは?

2/8(水)放送の笑ってコラえては節分スペシャルです。

「ちょっと昔の旅」では1995年8月19日をピックアップ。

この日に最も輝いていた人は、女性冒険家の高野孝子さんでした。

彼女が達成した偉業は普通のものではありませんでした。何と犬ゾリで北極海を横断するという、常に死と隣り合わせの挑戦を見事にやってのけたのです。

南極大陸とは違って海水が凍っただけの北極海を横断するということは、いつ極寒の海に落ちてしまってもおかしくないということです。

そんな場所で海に落ちれば即座に「死」が待っています。

しかも彼女が成功させた北極海横断は無動力(スキー・犬ぞり・カヌー)によるもので、世界初の偉業だったのです。

本記事ではそんな女性冒険家・高野孝子さんにスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク
336×280

女性冒険家・高野孝子さんのプロフィール

出典:http://nakajosinkoukai.com/www/

名前:高野 孝子(たかの たかこ)

生年月日:1963年3月30日

出身:新潟県

職業:特定非営利活動法人「ECOPLUS」代表理事、早稲田大学留学センター教授

高野さんは新潟県南魚沼市の出身。

冒険家としての彼女はアマゾン川を1,500kmカヌーで下ったり、厳冬期のソ連極東地方冒険行でベーリング海峡を横断したりと数々の冒険を経験。

1995年には4ヵ国出身の5名のチームでロシアからカナダまでの北極海横断に挑み、5ヶ月かけて世界初となる無動力横断を成功させました。

動力に頼らずスキーや犬ぞり、カヌーで北極海を横断するとは想像しただけでその凄さが分かります。

何事もそうですが、0を1にすることは1を100にすることよりも難しいものです。

彼女は自分の命を懸けて世界初となる偉業に挑んだのですから、只々感服するばかりです。

もし失敗していたら命を失っていた挑戦。誰にでも出来ることでは無いだけに本当に素晴らしいと思います。

探検家・教育家として

そんな高野さんですが、偉業達成後はケンブリッジ大学やエジンバラ大学で学び、教育学の博士課程を修了。

現在は早稲田大学留学センターで教授を務め、環境教育や野外教育といった教育にも力を入れています。

その背景には「体験をシェアする」という彼女の強い意志があります。

これまでの人生で得てきた経験は、決して自分のためだけではないと高野さんは語ります。

貴重な経験を通して考えたこと、感じたことを教えるのではなくシェアする。

それが高野さんの探検家・教育家として永遠に変わらないスタンスだそうです。

高野さんの経験から学べることは非常に多いでしょう。それをシェアできる学生は幸せですね。

最後に

今回は女性冒険家・高野孝子さんを特集しました。

困難に挑戦し続ける人にはいつも勇気を貰います。

高野さんの数々のエピソードを知って自分も頑張ろうと思いました。

こちらの「笑ってコラえて」関連記事もどうぞ!

【ダーツの旅】小日向文世が大分県佐伯市蒲江へ!名産品の緋扇貝とは?【笑ってコラえて】
2/8(水)放送の笑ってコラえては節分スペシャルです。 人気企画「超人気者が行く!ダーツの旅」では数々の役をこなす名俳優、小日向文世さ...
滝野文恵さん(84歳チアリーダー)が笑ってコラえてに登場!日本最高齢チアリーダーの元気の源とは?
1/18(水)放送の笑ってコラえては「日本列島 ちょっと昔の旅」が特集されます。 今回は2001年1月22日をピックアップ。 こ...

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする