奇跡の白いライオン姉妹にダーウィンが来た(NHK)が密着!野生では世界に10頭しかいない希少種!

zeec2vja3

出典:http://yumeuranai-sukinahito.pink/

12/4(日)放送のダーウィンが来た!(NHK総合)では、白いライオンが特集されます。

番組では南アフリカで発見された全身が真っ白なライオンの赤ちゃん姉妹2頭に密着し、その成長を見守ります。

その期間は何と2年間!

家族の絆に支えられながら数々の試練に立ち向かう白いライオン姉妹。

彼女たちは無事に大人になれるのか?その感動の物語は必見です。

スポンサーリンク
336×280

世界に10頭!?「奇跡のライオン」

ライオンと言えば「百獣の王」と呼ばれる程、まさしく動物の王様です。

動物園でも園内の目玉として注目される、子ども達にも大人気の動物ですよね。

私はこれまでホワイトタイガーの存在は知っていましたが、ホワイトライオンがいることは知りませんでした。

それもそのはずで、何と野生のホワイトライオンは世界にも僅か10頭程しかいないそうなのです!

まさに伝説とも言える「奇跡のライオン」ですよね。

番組では南アフリカのクルーガー国立公園周辺で見つかった白い赤ちゃんライオンに密着するそうですが、よくもまあ発見できたなと感心するところです。

世界に10頭程しかいない野生の白いライオンに巡り合えるなんて、宝くじに当選するよりも幸運なのではないでしょうか。

なぜこれ程までに希少なの?

野生の白いライオンはなぜこれ程までに珍しいのでしょうか?

実はその理由は、彼らの最大の特徴であるその「白さ」にあります。

白い毛皮を全身にまとっているホワイトライオンは狩りの際、敵に見つかり易くなかなか食事にありつけず、餓死してしまうそうなのです。

余りにも目立ちすぎるため、獲物となる動物も瞬時に敵を発見して逃げ出してしまうんですね。

またハイエナの群れや凶暴なオスライオンに命を狙われることもしばしばで、常に命の危険と隣り合わせの状態で野生に生きているのです。

ホワイトライオン誕生の背景

それでは白いライオンが種として確立された背景について見てみましょう。

いくつかの仮説がありますが、最有力な説は今から約2万年前の氷河期にまで遡ります。

氷河期の最盛期では多くの地域が氷と雪に覆われた白銀の世界だったため、そのような環境下では白い毛皮が保護色となって生存競争に有利だったのです。

当時の遺伝子が現在でも受け継がれているため、時折白いライオンが生まれると考えられているそうです。

最後に

今回は奇跡の白いライオンを特集しました。

野生では極めて珍しいホワイトライオンですが、叶うならばこれからも絶滅することなく生き延びて欲しいものですね。

いつも最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございます!

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする